日本時間2014/05/25 午後3時にローンチされた仮想通貨「Ringo」の情報まとめWikiです。導入から運用まで。出ている情報を一通り纏めていきます。

インストールまでの手順を紹介いたします。

おおっと、こんなところにWindowsXPの仮想マシンが。

Macでのインストールについて、momo and bananaさんが記事を書いてくれました!

ウォレットのダウンロード



 まずは、Download walletを押してウォレットのダウンロードを行いましょう。
 Windows版はv1.x.x.xのものを、Macの方はosxと付いているほうを。
 ここから先はWindows版でもとに説明させて頂きます。Mac版の導入ページはこちら。
圧縮形式は7z(7zip)です。7z対応の解凍(展開)ソフトを用意しておきましょう。
 7Zipは例えばこちらがおすすめです。https://sevenzip.osdn.jp/
 まだ公式ウェブサイトは閉じないでください。



 分かりやすくするため、とりあえずデスクトップに展開しました。
 基本的には管理者権限を必要としないため、展開先はどこでも構いません。但し、フォルダー(ディレクトリ)を作って、その中に入れることを推奨します。



 まずは起動してあげてください。そうすることで、必要なファイル・フォルダ(ディレクトリ)が出来上がります。ウォレット画面に移動したら、そのまますぐ終了して結構です。

Bootstrap(ブートストラップ)のダウンロード

 そして、Ringo公式ウェブサイトからBootstrapをダウンロードします。
 これには時間が掛かりますので、のんびりどうぞ。もしもbootstrap無しでスタートした場合、ブロックチェーン情報のダウンロードに最低でも1週間くらいかかります。


 ダウンロードするのは「Ringo」のほう、項目を選択して、ZIPでダウンロードします。
 さらに、中身は7zですので、再び解凍(展開)します。
 ここまで来ればRingoのウェブサイトやブラウザを閉じても問題ないです。


 解凍先はAppDataフォルダ内のRingoフォルダ。
 普通に開こうとすると開けないので、Winキー+Rを押すか、スターとメニューにある「ファイル名を指定して実行」に
%AppData%¥Ringo¥
 と入力すると、Ringoのデータディレクトリを直接開くことができます。(あ、¥マークは半角ですよ!)
 開いた先に、解凍(展開)したデータを放り込んでください。

 そして、ウォレットを起動し直します。

 次のステップ同期完了までへ→

 これで

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!
閉じる
Altcoin.ioへの上場投票中
altcoin.ioへの上場投票が実施されています。投票&コメントお願いします。
https://feedback.altcoinexchange.com/suggestions/5380/add-ringorin
Ringo Discord(公認)も運営中。よろしければ参加してください。
https://discord.gg/nG6s8pP